PROFILE

麗 清 REISEI

書画家・麗清流家元 / CALLIGRAPHIC ARTIST

貿易商を営む台湾人の父と日本人の母との間に生まれる。幼い頃から親しんできた書の世界に目覚め18歳で日本墨滴会書道師範となる。幼稚舎から短大までを、ローマ・カトリック系のミッションスクール:神戸海星女子学院で過ごす。パリとニューヨークに本部を置くELITE MODEL JAPANに所属しモデル:麗音 RIONとして国内外で活躍。仏蘭西に遊学後、宇宙から届く『愛&平和&感謝』のメッセージを作品に表現。高いカリスマ性と審美眼、美しい精神性を秘め、麗清の描く書画作品は世界に渡り、世界各界の著名人をコレクターに持ち支持されている。麗清の心の美に寄せる真摯な探究心と、洗練された感性、高い精神世界は書画の世界に留まらず、音楽世界・癒空間・香り・料理・スピリチュアル世界と自身が大切にしている六感を最大限に活かし各界で注目されている。癒しと感動の書の会『麗清会』を世界に広める。麗清流家元『麗清会』代表。地球の永遠なる平和を願い、動物愛護や慈善奉仕活動にも積極的に参加。

麗清
麗清
麗清
BIOGRAPHY
2008 スロヴェニア文化芸術親善大使を称号。スロヴェニア国立民族博物館に、作品『ZEN FUTURE』が東洋人として初めて永久保存される。
2011 モナコ国立芸術祭にて、作品『月蝕 LUNAR ECLIPSE』がモナコ政府より"PRIX MAURICE RAVEL"モーリスラベル賞を授与される。
2012 フランス カンヌのCARLTON CANNES HOTEL『GALERIE DU CARLTON』にて作品展を開催。3年の月日をかけて執筆&写真を撮りおろした『麗清的美心世界』の書籍を木耳社より出版。
2013 麗清が自身で選曲、プロデュース、デザイン、アートディレクションを手がけた癒やし系アルバム『月SENTIR moon』がPACIFIC MOON RE-CORDSより発売。麗清オリジナルデザイン食器ブランド『禅ZEN』MAKIGAMIを発売。
2014 台湾故宮博物館にて唯一存命で作品が展示されている台湾の人間国宝「HEINRICH WANG」日本初ストアを青山にインテリアデザインオープン。総合プロデュースを手掛ける。
2017 モナコ公国:国立レニエ3世大公記念館にて開催された”モナコ・日本芸術祭2017”にて作品『救世観音菩薩AVALOKITESVARA OF SALVATION』がモナコ政府より"造形芸術文化賞"を授与される。
2018 ドバイのWORLD TRADE CENTERにて開催された世界最大の「WORLD ART DUBAI」にて『麗清的美心世界展』を開催。UAEシェイクザイード生誕100周年を記念して、オープニング書画パフォーマンスを披露。アラブ首長国連邦の王族はじめ、世界各界の重鎮より、高い評価を得る。
2019 フランスPARISに本部をおき、ユネスコ世界文化遺産・国連経済社会理事会の下、世界各国の美術館&美術博物館関係者によって作られたICOM国際博物館会議の京都大会にて『麗清的美心世界展』を開催。世界各国から3日で3万人の観客が会場を訪れ話題となる。
2020 京都宇治の禅寺:黄檗宗大本山『萬福寺』の非公開の間「東方丈」に3年の月日をかけて襖16枚に龍王の襖絵を描き始める。2024年完成一般公開予定。
2021 江戸時代から続く日本最古の京都の老舗和傘屋「辻倉」とコラボ作品「麗清和傘REISEIWAGASA」が京都からデビュー。